​「森の座」

今月の推薦句(会員の部「花樹の道」より)

♦令和2年8月号の推薦句

 

ひと揺るぎして離れゆく蝌蚪ひとつ     中村なづな 

ジーン・セバーグのやう初夏の髪を切り   平尾 潮音 

決闘を待つごとき街春落葉         小西 弘子 

一匙一匙稚児瞬く春苺           大熊 小葉 

コロナ禍を食む青銅の蛇よ来よ       松本三美子 

花散るやせめて揺らさうイヤリング     森  巫女 

町内を統ぶる一戸の鯉幟          糸山 栄子 

機影絶えコンビナートの大夕焼       山川 漠千 

介護終へ風と来し土手夕桜         伊藤 亜紀 

運休の航路高高燕来る           筒井真由美 

隠れたり見えたり地祇の蕗の風       竹内 伸子 

自転車や麦秋抜けて麦秋へ         石原 静世 

帰らうとすれば魚飛ぶ浜五月        間宮  操 

己が胸倉にとまどふ初浴衣         五十 青史 

新茶摘む村はさみどり極まれり       天野 慧舟 

次男坊いつも敏捷し豆の花         宮本紀久代 

息止めて街の閑けさ新樹光         権藤 順子 

総身に罅ある神馬新樹光          井川 水衛 

菩提寺や目鼻うすうす甘茶仏        森﨑美保子 

病の父系無病の母系娑羅の花        山内 香月 

牛蛙こゑを歪ます自嘲すな         琲戸 七竃 

みどりの日街眠るかに鎮もれり       髙橋千鶴子 

そばかすは魅力のひとつ梨の花       橋原 涼香 

春の地球中心へ打つ鍬軽し         森岡 青潤 

柔らかき靴の出勤聖母月          古谷 誠司 

蠟石の線路くねくね子供の日        栗原 実季 

痩せてゆく村の学校つばめ来る       田辺ゆかり 

仏へと月山筍の瑞届く           髙橋 信子 

夜桜の闇深ければ灯を足さむ        渡辺多佳子 

ビリケンの大きな足裏初つばめ       白坂とよ子 

♦令和2年7月号の推薦句

 

其が影を打ち返しては春耕す        竹内 伸子 

測量の手振りが言葉陽炎へり        田端 千鼓 

花仰ぐ一僧一身悲をまとひ         岩熊 渓歩 

水仙の茎鋭角に水切りす          藤本トシ子 

春暁や月山赤子の肌の張り         加藤  仁 

どの色も寄せぬ投入れ白椿         森棟 正美 

ねむらせよ疫病の神を金瘡小草(きらんそう) 石田 福子 

着そびれて袖の空しき花衣         上本 白水 

落椿照りかげりして来る余生        平井 靜代 

卒業証この日どの名も美しく        木村 郁代 

ぬか雨に田を打つ爺を待つ仔犬       松尾 美咲 

花万朶未知の月日をふと畏れ        白坂とよ子 

春の雪ひと驚かせて消えゆけり       宮本紀久代 

紫木蓮こころの老いに欲しき杖       小野 昌子 

白馬より槍より白く辛夷咲く        木村 保夫  

葺屋根の富士の如くに坐して春       琲戸 七竃 

納屋の戸を引くや飛び込む初燕       多田 敏弘 

春満月まつたきものはみな憎し       五十 青史 

開き癖つける教科書初燕          杉浦ふみ彦 

クロッカス孤に籠ること力とす       角田 貴彗 

春深し爺さまに湯のかをりあり       中村なづな 

九十と七つの一期なごり雪         山内ひろ子 

葱坊主京都九条の名を持てり        濱名 カヨ 

時止むる手立てありせば花月夜       篠田  暘 

若草を踏めば潤みぬ忘れ水         古谷 誠司 

立ち初めし子の掌に小石春兆す       山川 漠千 

風すでに春を掴みて走りをり        森岡 青潤 

休校の子の脚六本春炬燵          西村 綾子 

水平線見つめて花を忘れをり        田中 玲子 

花冷や距離保ちつつ人恋し         大川 恵子

 

♦令和2年6月号の推薦句

 

初雲雀防火バケツの水光る         角田 貴彗 

涅槃図の遥か彼方の摩耶夫人        川村 耕泉 

ふふみゆく辛夷の花芽切符買ふ       橋原 涼香 

生きてある音さまざまに去年今年      葛西 幸子 

伊予柑に隠るる母の念持仏         木村 郁代 

啓蟄や赤児の足の指ひらく         宮田 聖善 

筆置きて思ひもかけぬ春の雪        渡部 厚子 

等伯の風神抜けて春一番          谷  就応 

少年の交はすゆびきり卒業歌        髙𣘺 敏夫 

輸入車を吐き出す巨船風光る        坂場 俊仁 

風見鶏ぐるぐるときのけの春を       家登みろく 

雀の子おじやみ放るやに飛び散れる     宮本紀久代 

草芽吹く歩道を賢こ園児達         香川  綾 

母は記憶を食べてしまひぬ木の芽雨     伊藤 亜紀 

桃色の鱗飛ばして春厨           間宮  操 

薄氷の手くぼに残る十しずく        松村 静江 

春夕べ木偶のおさんの反りかへり      平尾 潮音 

摩天楼鎮まりわたる春の闇         増田 尚子 

妣あらば降りる駅過ぎ花菜畑        青木 宣子 

真つ先に涅槃図の月解かれ出づ       大熊 小葉 

何はあれ父に生あり初音あり        加藤八寿子 

ちよろづの古雛納まり少女老ゆ       宮坂 恵子 

白鳥の助走六歩に帰りけり         小村 一幸 

絵巻物過去は右へと鳥雲に         増田 順子 

髪切りし襟元に苦来ぬ春の雪        栗原 実季 

春泥の靴跡にまた水復る          杉本喜和子 

頸伸していま飛立たむ帰白鳥        荻野 善子 

春田光る鍬休めてははるか八ヶ岳(やつ)    成島 淑子 

餌喰ひ鳥連れて週末春耕す         石澤 はる 

奉納の乳形大小木の芽張る         内田 和子 

 

♦令和2年5月号の推薦句

 

蝶の昼メトロノームの止まりさう      小野 昌子 

実存の美しく厳しく冬欅          宮本紀久代 

鳥声と目瞑り遊ぶ四温晴          松村 静江 

消息の流れ着くやに松過ぎて        竹内 伸子 

靴音のせぬ絨緞や辞令受く         木村 保夫 

開扇の音打ち揃ふ初稽古          森  巫女 

おとなにも大きな火なりどんど焼      柳澤 和宏 

サンタマリアお顔幽かの踏み絵かな     平尾 潮音 

湯豆腐や二万七千日の生          石田 福子 

歩まねば私埋るる雪の道          葛西 幸子 

おほいぬのふぐり取り散らかす碧宇     橋原 涼香 

再生の一色加へ毛糸編む          糟谷 雅枝 

冬麗や両手波立てハープ弾く        沼田真知栖 

守られてゐることに慣れ敷松葉       三井加代子 

眼めく菩薩のおへそあたたかし       木村  茜 

摘むや浅間(あさま)牙山(ぎっぱ)の剥き出しに 松本千代美 

梅一輪活けて去ります郷の家        望月津㐂子 

手焙りの尉そのままに峠茶屋        増田 尚子 

春の風鈍く吹き初む暇文          家登みろく 

奮ひ立つ漁のエンジン寒明くる       田辺ゆかり 

願書抱く駅前少女冬薔薇          乙津 秀敏 

ラガーらのポールを抜きてオフに入る    古谷 誠司 

指もみのやがて祈りに春日満つ       石澤 はる 

夫とゐるただそれだけの春炬燵       柳田 富枝 

初場所やまはしを取れば朝乃山       荻野 善子 

六度目の花期なり母の黄水仙        北浦 善一 

男等を禊ぎに送り出す焚火         阿部 明美 

このごろは死なない気がするいたち草    藤田 明子 

神棚に届かぬ齢福は内           花岡  紅 

アポロンの欠けたる腕冬の果        近藤 育夫

♦令和2年4月号の推薦句

 

日だまりは影負ふところ冬の蝶        望月津㐂子 

亡き母に勝るものなし野水仙         木下 早苗 

法名の夫のしづけさ山眠る          髙橋 信子 

黒白二鼠今年も細る命綱           津川好日子 

冬の蜂陽の香嗅ぐかに歩きをり        宮本紀久代 

寒満月めつた斬りして黒き雲         伊藤 亜紀 

妣の忌の妣とお遊び秋の雨          藤本トシ子 

雑踏に暮るる二日よ七十路          間宮  操 

初雪を掴まんと虚(こ)を掴む母         渡辺多佳子 

大輪の花まなうらに寒ごやし         安達とよ子 

薄墨のまだ白鳥になれぬ首          宮坂 恵子 

存分に影を転がし大豆干す          沼田真知栖 

触らせてもらふ福耳冬ぬくし         松本千代美 

母の代りに引きしも大吉初神籤        権藤 順子 

花マロニエ聖ドニ己が首を持ち        徳田 文三 

 セーターの母の後ろに隠れきる            柳澤 和宏 

若水に触るれば星座揺らぎけり        五十 青史 

嚶嚶と樹々のこたふる神楽かな        琲戸 七竃 

柏手に山彦が来る冬が来る          清水 雪江 

白鳥と白寿の人の笑みに会ふ         小西 弘子 

あらたまの鑽り火に力いただきぬ       水田雪中花 

こんじやうの冬休なりカプリッチオ      中村なづな 

城と温泉と坊ちやん列車初景色        林  一酔 

低気圧逸れて騒がし冬雀           栗原 実季 

徘徊の友大根を下げてをり          森田千枝子 

煮凝にふつと娘のこゑ残りゐて        田中 玲子 

七種の鬚根めでたく洗ひけり         満瀬 哲子 

千年の夢路徘徊掘炬燵            篠田  暘 

あらたまの稚の拳の珠のごと         竹内 伸子 

割り算の余りのやうな離れ鴨         平尾 潮音 

♦令和2年3月号の推薦句

願はくは紡いでもみん舞ふ雪を       成田 圭子  

かの森に還る日あらん冬日和        小島 露峰 

廃材の切口の無垢焼藷屋          木村  茜 

酒星へ酒を奉ずること隔日         徳田 文三 

狐火やデブリ除くといふ神話        角田 貴彗 

めくられぬままの日めくり日短       橋原 涼香 

枯蔦を引くや忘るることも愛        家登みろく 

蛸壺の底に塩噴く師走風          多田 敏弘 

老いてなほ倥偬のさま年の暮        佐久間健治 

冬日燦聖者の如き医師の死よ        岩熊 渓歩 

小春日やポストの点字に触れてみる     佐藤 和子 

手から手へ流し新米銀びかり        沼田真知栖 

肝胆のこのいどこまで冬日没る       中村なづな 

来ん年のことは来ん年大晦日        五十 青史 

抱き上げて小春の空の真ん中へ       竹内 伸子 

蜜柑捥ぐ日の色一つ一つ捥ぐ        小泉 光子 

アクリル板越しの説諭や底冷す       木村 保夫 

十二月八日仏滅寝て過ごす         杉浦ふみ彦 

ひよんの笛吹いてちちはは近うせり     平塚 泱子 

物干して女安らぐ冬日和          二宮木の実 

嫁取りの進まぬここら風花す        小林 迪子 

聞き取れぬテープの志ん生漱石忌      平尾 潮音 

眩しきは朝一番の霜の花          栗原 実季 

茶の花や夫逝きてより夫を知る       平井 靜代 

富士山の晴ればれ勤労感謝の日       石田 福子 

俯ける蕊のみ明かし冬桜          松本千代美 

故郷遠し馬の眼の奥黒く寒く        琲戸 七竃 

をちこちの家電に呼ばれ十二月       阿部みづき 

缶切りの要らぬ缶詰開戦日         篠田  暘 

枸杞の実の鎖たわみて藪の中        大木 黄秀 

♦令和2年2月号の推薦句

雪蛍人を疑ふ気力失す         篠田  暘 

風の子のでんでん太鼓吾亦紅      宮坂 恵子 

冬ざれやこの国の根太腐つてる     五十 青史 

千切れてはまた集ふ雲千空忌      家登みろく 

猫じやらしかたまり枯れて漁師町    小村 一幸 

熟れてゆく時間を過ごす野の柿と    渡辺多佳子 

秋茄子や丸く小さく寂聴さん      藤本トシ子 

陽を反す錻力煙突石蕗の花       松本千代美 

四車線停めて渡るや秋高し       柳澤 和宏 

賓頭盧の心地顔かな小鳥来る      清水 雪江 

白鳥の三声千空忌を修す        木村  茜 

出立を急かす秒針朝の鵙        森  巫女 

不知火の海にぎらりと太刀を釣る    木村 保夫 

冬あたたか崎にしくりと千空碑     大川 恵子 

朱をつくし自我をつくして山帰来    藤田 明子 

並足に揺らす黒髪小六月        栗原 実季 

なかごまで柿は柿色子を信ず      小泉 光子 

観音の捌く千の掌秋澄めり       小野 昌子 

冬近し瑠璃を封じし小灰蝶       杉本喜和子 

役ひとつ退き立冬の靴みがく      末次 菖夫 

あちこちに現はるる富士小春かな    平尾 潮音 

半世紀飢ゑなき暮らし大嘗祭      榊原 淑友 

冬薔薇師系の句集に糺さるる      藤田智恵子 

水洟や無頼派の碑は軒下に       木村 郁代 

鵙一声校正いそしも一文字づつ     権藤 順子 

どんぐりに打たれ優柔不断かな     角田 貴彗 

脱北の冬蠅まどろむレストラン     笠原十九司 

露草にこぼるる花のなかりけり     吉田健一郎 

わつしよいの声を遠くに藁ぼつち    木村 郁代 

こんこんとノックしてより林檎食ぶ   橋原 涼香 

♦令和2年1月号の推薦句

電線は空のサーカス蚊喰鳥       沼田真知栖 

忙しなく移る猫の座秋日和       柳澤 和宏 

馬の眼の光恋しと残る蠅        家登みろく 

試歩の夫野の秋雲に預けおく      髙木 喜代 

いぢわるがくつついてくる草蝨     石田 福子 

笑栗や総身波打ち栗鼠過ぎる      加藤  仁 

蒲の穂を飛び立つ絮の不思議かな    湯谷 和枝 

白雲は地球の帽子花野行く       村田  惠 

先頭はあかんぼいるか秋の波      満瀬 哲子 

馬柵に添ひ馬柵に護られ吾亦紅     岩井 秋津 

碧眼の露天商をり日蓮忌        山川 漠千 

ごろた立てやれば墓石曼珠沙華     宮坂 恵子 

露草で染めた喪服を着てください    渡辺多佳子 

杖ねかせ花野の中に溺るるや      木村せい子 

亡き母の再婚話遠き秋         三上悠恵子 

供養碑を火攻めにしないで曼珠沙華   花岡  紅 

水を出て河馬の全身秋日垂る      平井 靜代 

蔓引けばここぞの力枯葎        田辺ゆかり 

赤い羽根右胸高く貰ひけり       二宮 豊泉 

夏暁やペテルギウスを機窓より     内田 和子 

獅子頭に吹き込む命里祭        多田 敏弘 

被災地へ画面の移るつづれさせ     徳田 文三 

名月と四国三郎渡りけり        木村 保夫 

秋の蝶忽とひかりに紛れけり      大川 恵子 

草雲雀と思ひたいからさう思ふ     平尾 潮音 

赤い羽根つけられて今胸を張る     岡本 幸子 

桜紅葉はさんで今日の日記閉づ     橋原 涼香 

夕虹や我が身に遺る相聞歌       竹内 伸子 

秋鱧の湯引きや夫の食戻る       松村 静江 

母の忌の一日迅し栗ご飯        宮田 聖善 

♦令和元年11月号の推薦句

傷の雨降るよ納涼映画祭        田辺ゆかり 

赤ん坊の手足奔放雲の峰        宮本紀久代 

われ走る月走る犬遠吠えす       五十 青史 

膝の上にたたむ残暑の濯ぎもの     安達とよ子 

招いては宥め押しやる盆をどり     大川 恵子 

父親の息を吹き込む浮袋        多田 敏弘 

雨の中電柱に鳴く烏の子        大木 黄秀 

つくつくしひとり大工のまだ励む    佐藤 和子 

帰省子の靴に重さのありにけり     篠田  暘 

甘酒を冷やして母をなつかしむ     田中 玲子 

叢雲の月を離るる夜明け前       小泉 三雄 

風鈴屋七つの音色聴き分くる      市川 良治 

絵葉書を施設気付に夏見舞      佐々木あや子 

骨拾ふ箸を造ると谷卯木        甲斐 酒巷 

氷一片口に炎暑の街に出る       木村 保夫 

盆灯籠無声映画の廻り出す       古谷 誠司 

山の風いただき母の墓洗ふ       片山 丹波 

岩松の鉢を戸ごとに滝近し       栗原 実季 

秋暑し今は戦前かも知れぬ       平尾 潮音 

霹靂神墨書一気に委嘱状        権藤 順子 

ひまはりの空ぞよ軍事ヘリコプター   石田 福子 

夏燕ぷつぷつ熱きドリア来る      篠原 久子 

遠雷や自転車の子の今どこに      荒井 章有 

ちとずれし老女一人の秋すだれ     川滝 道子 

小さき蕃茄割れ青空に雲ひとつ     松本千代美 

今朝秋やたかだかと盛る御仏飯     登川 笑子 

よその子の願ひの糸もよく回る     橋間  涼 

大輪の音の追ふなり遠花火       柳沢 治幸 

叔母を訪ふポンポンダリア束にして   増田 順子 

沖縄は今も捨て石梯梧咲く       吉田 遼吉 

♦令和元年10月号の推薦句

婆の畑お手玉遊びの紋白蝶       加藤  仁 

しののめの玻璃も開けねば薔薇の息   渡辺多佳子 

更衣傘寿をさらに美しく        松本三美子 

シーツの蟻潰すあんた咬むやんか    青木 宣子 

遊び足りてさよなら夏至の陽が落つる  宮下 初子  

早苗饗の飯輝やかに炊き上る      柴﨑 泚子 

己が影摑まへ歩む羽抜鶏        大川 恵子 

けいどろの一人捕まる夏野原      松本千代美 

油蝉母の小言の降りしきる       藤田 明子 

スカイツリー穂より目覚めて明易し   岩井 秋津 

祇園路地日傘傾け行き交へる      宮本紀久代 

田植機を洗ふ令和の縄文人       森田千枝子 

汗かいて人に褒められようと思う    田端 千鼓 

梅雨葵赤子足から泣き出しぬ      小西 弘子 

逢うへるかと行きつ戻りつ祭の夜    中尾 教子 

牛蛙ぼうぼう腹から怒る夜       笠原十九司 

錆ぶることつひに知らざり水中花    谷  就応 

義姉よりの玉手箱なり夏野菜      福本美智子 

をとこしの水打つ宵の先斗町      田辺ゆかり 

星まつり小指に軽き後遺症       斉藤はじめ 

尾を鉾と猫らも祇園祭かな       家登みろく 

飽食の残りしづかに蟻集る       小林 迪子 

人も時もゆつくり過ぎてさもも畑    栗原 実季 

夕涼や使ひ余せる如露の水       篠田  暘 

アポロ立つより半世紀月涼し      水田雪中花 

詰襟の清き一票夏燕          袋田 龍睛 

旅にゆくやうに緑蔭出でにけり     吉田健一郎 

さかさまの守宮に心覗かれし      権藤 順子 

黒蒟蒻千切りて煮しめ男梅雨      篠原 久子 

見えますか仏間に螢放ちます      木下 早苗 

 

♦令和元年9月号の推薦句

草はみな母に平伏す大夏野       渡辺多佳子 

祖母の濃さ母の薄さか蕗を煮る     間宮  操 

木蓮と木喰仏を見に行かな       竹内 伸子 

新しき靴もて薄暑光の中        家登みろく 

看取り終へて腑抜けの母や水羊羹    木村 郁代 

母の日や堂々ご飯おかはりす      石田 福子 

一斉を待てぬ風船児が放つ       大村 生雲 

竹の葉の散るちるうす日あそばせて   安達とよ子 

夏燕島の学校頂上に          北山 恭子 

枇杷買うて母の忌近き仏壇へ      岩井 秋津 

西日中影に後れて歩きをり       田端 千鼓 

一片の雲のささやく田草取り      萱原 祥暢 

看護師の甲はメモ帳風信子       川﨑 圭司 

駅前にサーカスが来た夏が来た     平尾 潮音 

海に立ち裾太々と春の虹        沼田真知栖 

日の内に届く速達夏燕         上本 白水 

太宰忌や姉弟可も無く詩に遊ぶ     柳沢 治幸 

サイダーの泡刻刻と大胆に       木村  茜 

群衆に屈み背見せて祭笛        柳澤 和宏 

水の輪のいつも真ん中あめんぼう    田辺ゆかり 

吾病むや夫もろきこと青葉雨      大島 良子 

どこからも見える学校青田原      笠原十九司 

ほうたるか迷えるままの兄か逢ふ    水田雪中花 

生きて在ることの嬉しさ新茶汲む    寺門 資子 

竹の子やすでに疵増えランドセル    篠田  暘 

南海トラフ端つこ揺らす金魚玉     西野智壽子 

畑に聞く六時のチャイム明易し     成田 圭子 

贖罪とやどこまで続く蟻の列      中村なづな 

大青田たわみわたれる送電線      大木 黄秀 

来ん夜の夢食べに来たかや時鳥     田谷 公夫 

Copyright (C) 2017 Morinoza 

 Email:morinoza@eagle.com   tel:03-6902-2209   ​〒112-0015 東京都文京区目白台3-18-28